「ギター」


製作者山本 晃太
出身地千葉県
コースアコースティック科16年度生
コメントセットネックギター製作という課題だったので、基本構造はレス・ポールを参考にしボディシェイプや配線を工夫しました。初めての作業工程が多く苦労もしましたが自分の考えたものが少しずつ形になっていくのは作っていて楽しかったです。出来は満足の行くものにはなりませんでしたが、今後改造をしていくつもりです。
スペック
スケール648mm スケール
ネックホンジュラス・マホガニー1P
指板ローズウッド
ナット牛骨
フレット2.7mm
ボディートップ:
キルテッド・メイプル
/バック:
ホンジュラス・マホガニー
ピックアップVH−1, THD−1
コントロール1VOL,1TONE(タップスイッチ兼用),2軸2連ポットでタップバランサー
ブリッジバダスタイプ
塗装ウレタン
●講師コメント..........
全体に小ぶりなギターですがボディ厚も普通にあり違和感はまったくありませんでした。VH−1とTHD−1の組み合わせはなかなか良くミックス時タップの調整をすることでなかなかおいしいサウンドが出ました。仕事が丁寧な子でとってもマイペース。これからスピードがアップすることを期待しています。