「アコースティックギター」
製作者鈴木 良
コースアコースティック科
(平成17年度生)
コメントこのギターの大きな特徴は12Fジョイント、スロッテッドヘッドのネック、弾き易さを考えカッタウェイをつけました。軽いタッチで音が出るのですが芯が泣く軽い音になってしまいました。自分としては目指した音にならなかったのが残念なところです。初めてのアコースティック製作だったので、デザインから最後の調整までの全てがとても新鮮で楽しみながら作ることができて良かったです。
スペック
スケール632.5mm スケール
ネックホンジュラスマホガニー
指板エボニー
ボディートップ:スプルース/バック&サイド:ローズウッド
ブリッジエボニー
●講師コメント..........
今年の5月に行われたTOKYOハンドクラフトギターフェス2006に出展した作品です。アコースティック処女作です。